ラスベガス

ラスベガス

出張日誌

展示会で行く機会があれば、ラスベガスの街の雰囲気も楽しみたいものです。

合法的なギャンブル出来る町ですから、いたる所にスロットマシーンがあって、空港でも余った小銭も賭けられます。
25セントか1ドルコインを入れてガチャンと廻しますが、今はボタン式が多く10セントコイン機もたまにあります。小額コインの方が長い時間遊べる感じがします。

近くにいた人のマシンのランプが派手にチカチカして係員がすっ飛んできましたが、1ドル機で日本円相当で700万円出したようです。現金ジャラジャラですから迫力あります。

カードは、レートごとに席が違っているので、掛け金の低い席から始めれば楽しめると思います。たまに現金100ドル紙幣をおいて賭けているのを見ますが、見ていてもはらはらしてしまいます。

外から無料で楽しめるトレジャーアイランドホテルのサイレンスオブTI、ベラッジオホテルの噴水ショー、リオスイートのカジノフロアのマスカレードショーなど沢山ありますのでお金を使わなくても楽しめます。
ショーの時間を逃すとまるでつまらないので、開始時間を確認してください。
ただ、注意したいのは其々のホテルが馬鹿でかいため、離れたホテルは移動が大変です。ストリップ通り周辺のホテルでは無料モノレールをチェックして利用します。

リオスイートはストリップからは一寸離れているので行きにくいですが、以前タクシーの運転手に美味しいレストランはドコ?か尋ねたところ、ここのカジノフロアのステーキハウスを紹介されました。
ステーキは勿論美味しいですが、お約束のオニオンリング、ベークドポテトスキンを食べてコロナビールを飲むと、メインのリブステーキと蟹のコンビネーションが出てくるときには、既にお腹が苦しいので要注意、前菜は控えめにです。

ここの無料ショーは大きな山車が出てグルグル回るだけですが、いろんな色のネックレスをばらまくことでことでも有名です。
プラスチックの小さなダイスを繋ぎ合わせて作られたギラギラしたネックレスで、山車で踊っているダンサーに手を振って投げてもらいます。最近は投げる量が減ったという噂も、、、お子さんのお土産に喜ばれますので、どうぞ。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。