フォートローダデール

フォートローダデール

出張日誌

着いたのが夜中で、タクシーも怖かったんですがここまでも大変でした。
電子AV機器のメーカーさん、お客さん3名と半導体部品を販売していた私の4名の出張でした。お客さんの会社の関係会社の旅行業者にチケットの手配をお願いしたのですが、空港で受け取れるはずの航空券が指定のカウンターに届いていないのです。どんどん時間は過ぎて、旅行者の担当からも空港職員の人と話してもらい、コンピュータ上の予約も確認できているので、正規の航空券はが出張先のホテルに送られることになりました。「絶対に使わないでください」とその場で手書きで発券してもらい出国できました。

ロス郊外のお客さんの米国工場で不良品の問題について対策と以降の防止策を説明。フェニックスでは工場見学、オースチンでは新規デバイスの開発仕様打ち合わせを行いました。
オースチンのホテルで食事に行きたいけど、車が無いのでなにかいい場所ないか訊ねたら、紹介されたのが送り迎えつきのイタリアレストランでした。
golf043行き帰りはすごく快適でしたが、困ったのは食べ物のオーダー、イタリア語で書いてあって小さく英語の説明。適当にヤマ勘で頼んで4人でシェアして食べました。
航空券はというと、フェニックスのホテルでは着いておらず、オースチンでは我々の到着日より早く着いたが該当する宿泊客がいないので受け取らず返したとのことでした。オースチンでメーカーの技術者は残り、代わりに私が販売しているメーカーの日本人営業A氏が合流、フォートローダデールへ向かいました。州で言うとカルフォニア、アリゾナ、テキサス、フロリダと西海岸から東海岸まで横断したことになります。オースチンからはヒューストンで乗り継ぎしてフォートローダデールに夜着いたわけです。
メキシコ湾の海岸に沿って飛行機は飛ぶんですが、とにかく揺れるのには参りました。

12時を回っていてホテルでは、警備員が鍵を渡してくれました。奥さんは日本人だが(恐らくベトナム戦争時代に出会った)結婚後日本に帰ったことはないと言ってました。警備員になるとわかっていれば一緒にはならなかったかもしれないですが、、、
ちょっと息抜き
golf058
翌々日はほぼ1日時間が出来たので、キーの中ほどまで行くことにしました。キーウエストまでのドライブを希望しましたが、コンクリの壁と欄干ばかりだと言われ、イルカのショーや遊覧船観光つきのこのコースを選びました。予約時間に2時間!遅れくらいで小さなバスが迎えに来ました。
フロリダ半島の先端から幾つもの島が連なっていて、その島々の形が微妙に異なるのでキーズとしたようです。島々を道路でつなぎ一番端のキーウエストに大きな橋をかけたわけです。
遊覧船は底にガラスがはめてあり海底の様子を見ることが出来ますが、ちょっとすると船酔いで気分が悪くなってしまいました。

明日シカゴのホテルにチケットが届いてないと帰れないね、、、飲もうか?
golf060golf057

背中を向けてる髪の長い人、ホテルでバッグを開けたら、大きなフィンが入っていてみんなびっくり!
大西洋で潜りたかったんですって。
一同唖然、、、その後、仕事ではこの方あまり浮かなかったですね。

メキシコ湾の海底、様々な魚たちが見られるので楽しいですが、下を見て波に揺られていると気持ちが悪くなってきました。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。